竹垣供養

東日本大震災で後ろの墓石が倒れてきて卒塔婆立てが変形してしまいました。天災なので仕方ないのですが墓参の度どうにかしなければと思っていました。すぐには動けず今日までにいたります。今回供養を兼ねて竹垣を作ることにしました。

お墓に竹垣というのはメジャーではありませんが、樋口一葉さんのお墓に四ツ目垣があるのは知られているところです。

今回は造園業の私としては「お墓に竹垣=竹垣供養」というコンセプトで新商品発表出来たらという目論見もあり、ご先祖様にも協力していただくことにしました。

こちらが施工前の写真

施工後の写真

いかがでしょうか。 今回の竹垣は変形の金閣寺になります。卒塔婆を立てるため100㎝の高さが必要になります。すべての高さを100㎝にするとお墓の敷地が狭いので圧迫感が出ます。そこで、卒塔婆立ての部分のみを高さ100㎝にして、他を低く50㎝にしました。

変形した卒塔婆立てはステンレス製でセメントで固定されていました。これを撤去するには墓石を移動してコンクリートをはつるか、グラインダーで卒塔婆立てを切断する必要がありますが、今回は道具を持ってきていないので撤去せず、変形した部分を少し直して竹で隠すことにしました。

金閣寺垣は簡単にできると思っていましたが、意外に手間がかかりました。次回修正と割り切って手抜きをしましたが、それでも製作に6時間も費やしました。

自然素材の竹は経年劣化が激しく5年程度。だからこそ、竹を使った竹垣は劣化してきたら新しくするということが供養に繋がるのではないかと考えました。経年劣化がほとんどないプラスチックで垣根を作っても供養にはならないと思います。だから、技術の高低があからさまになる自然素材の「竹」を使用しました。

供養とは何かを考えれば、故人との有意義な再会の機会の確保だと思います。彼岸やお盆の墓参で故人の供養もしていることでしょう。しかし、マンネリ化して形骸化しているのではないかと怪しめば、そこに5年に1度、法要とは別の行事が加わえることを行えば、本来の意味での供養に繋がるのではないかと考えるわけです。

七小町造園は「お墓に竹垣」を作ることをお請けいたします。

竹垣づくりのこと

今から1年半前まだ仙台高等技術専門校で訓練を受け始めたころ竹垣づくりにはじめて挑戦しました。訓練校で四ツ目垣の製作実習が始まったころでした。実習で使い終わった竹は持ち帰ることが出来ましたが、ほとんどは廃棄処分されるために野積みされていました。そこで、廃棄された竹を自宅に持ち帰り竹垣を作ってみたわけです。

自宅は45年前に建てられ何度かリフォームしていますが、外構までには至っていませんでした。

45年前に設置されたフェンス

ご覧の通り錆びだらけ。そこでこのフェンスを外すことにしました。ここで一つの課題が出てきました。網を固定しているポールがコンクリートに埋め込まれています。これを切断するとコンクリートの内側に杭を打たなければなりませんが、木も太くなっており、内側に杭を打つと竹垣と干渉することになるのでポールはそのままにして竹垣を作ろうと考えました。太い竹なら節を抜き上からかぶせれば可能ではないかと。しかしそれは安易な考えでした。

竹は塩ビ管と違って同一口径が確保されておりません。節を抜いただけではポールが挿入できなかったのです。そこで、竹を割り、ポールの周りを覆い塩ビの結束帯で固定する方法にしました。

こんな形になりました。胴縁を固定する杭の部分(ポールを覆った部分が長いではないかというご指摘があると思います。実はこれで竹垣が完成したわけではありません。生垣の剪定の時、先生から「生垣は下から上まで緑でおおわれているのもよいが、目隠しとしての役目ならば人の目線の高さに緑があれば用を足す」ということでした。その話を思い出し、道路から140㎝程度の位置に目隠し用の建仁寺垣を作ろうと思ったのでした。

ぬめ板と胴縁を設置

ぬめ板と胴縁を設置しました。かき集めた竹材は95㎝のものがほとんどなので、有効活用で45㎝に切りそれを4分割にして立子を作りました。

建仁寺の立子を設置

立子は家側と外側の二枚一組で針金で固定しています。当初棕櫚縄と針金のどちらで固定するか迷いましたが、耐久性を考え針金で結束しました。

通路側が出来上がりました

押縁を固定してとりあえず道路側の一部が出来上がりました。

側面も出来上がりました

側面(通路側)も一応押縁で固定。ところが写真のほぼ中央の玉縁のところを見てください。玉縁と押縁に竹が3本になっているところがあります。これは、中に隠れている胴縁が少し下に設置したことと立子を表裏に設置したため厚みが増したため玉縁に収まりきらなかったということで、そこを隠すため竹を押縁と玉縁の間に入れて修正したものです。どうにか出来上がりました。

昨年一部修正した道路側の竹垣

昨年、道路側の四ツ目垣を一部修正しました。修正箇所は四ツ目垣の部分です。まず、四ツ目垣の胴縁の高さを変更しました。奥の竹垣と段差が出来ているのでわかると思います。また、野良猫が出入りするので立子の結束が甘い箇所はすぐ立子が傾きます。そこで真ん中の胴縁との固定をからげ結びにして固定しました。

実際、自分で竹垣を作ってみて勉強になったことは、植栽がある中での作業は難しいということです。いぼ結び一つにしろ体を立子の中心に構え作業ができるとは限らないこと。体が斜でも結束が出来なければいけないということ。そこで、からげ結びという方法で体の自由が利く方向から一気に結束するという方法を取りました。

竹垣には真行草の形というものがあり、「真」の形は古くから伝わっている作り方で素朴なつくりです。それをより磨きをかけて美しくしたのが「行」の形。「真」と「真」、「真」と「行」の組み合わせ創作したのが「草」の形になります。なので、この竹垣は「草」の形ということになると思います。

庭が狭いので樹木に風が通ること、ある程度の目隠しが欲しいということで竹垣を作りました。最近ではプラスチック製の人工竹垣なども目にすることが多くなりました。きれいで耐久性があるのは事実です。しかし、立子の太さや色が一本一本違うのも味があるのではないでしょうか。

色や太さが違う立子
庭から見た竹垣

とりあえず出来上がりはこんな形になっています。初めての挑戦にしては上出来だったと思います。補正する箇所はまだまだあります。経験は少ないとはいえ今はプロなのでお客様の満足いくような仕事をしなければなりません。我が家の庭は竹垣も含め実験場であり、研修施設であります。

風水を信じる?信じない?

造園屋の私から見て風水は理にかなっていると思います。 昔の日本家屋は地面から60㎝位の高さに居住空間を配していました。また、南側に縁側を配置し、居間との境に障子を儲けているのが一般的でした。天井は高く、古民家などでは天井の板張りがあるのは床の間程度であとは吹き抜けなどになっていました。

日本の夏は高温多湿。庭に木を植え木陰から涼風を家の中へ導きます。床下を風が通り、障子を開ければ直接居間にも涼風が流れ込みます。温度や光の調整として障子の開閉が利用されていたわけです。そして、居間に入ってきた空気は天井や吹き抜けを通って排出されていました。まさに手動式の天然エアコンです。

風水でいう龍脈について私は風の通り道だと思っています。外の汚れのない空気を内の淀んだ空気と入れ替えることだと思います。 「病は気から」、「お気の毒に」とかの言葉の「気」は空気の「気」であって、「心の内」いわゆる「気持ち」の問題ではないと思っています。

剪定が上手な人の仕事

写真は繁華街から少し離れたオフィスビルの植栽です。時々、このビルの前を車で通るのですが、きれいに剪定されていたので写真を撮ろうかと思いつつ、年が明けてしまいました。

この木を剪定された方はかなりのベテランの方だと思います。大きな木でもこんなにきれいになるのです。単に形を整えるというのではなく、不要な枝を払った基本に忠実な剪定です。